2011年12月26日

まんが日本メタルばなし



アニソンのメタルアレンジは数多いけれど、これは最高。

アニメ映像のダンスが合っていて、思わず、笑ってしまいました。




しかし、カッコいいっす!


右斜め下こちらはアマチュアの方がアレンジしたのかな〜?

サザエさん ロックバージョン



posted by ベストン at 16:57| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

ギター嬢



何気にはじまる、お綺麗なブロンド嬢のギター弾きの動画。

弾きかたがチョットかたいし、初心者かと思いきや・・・。


この動画に対するコメントが、これまた面白い。

「お見事。ギターがとってもうまいお姉さんの動画」へのコメント

確かにな〜、どうしてもそこに目がいくよな〜。


posted by ベストン at 10:07| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

想起曲2



阿川泰子」といえば80年代に元女優からジャズシンガーへ転身として、

華々しくデビューを飾り、一時期の日本のジャズシーンを席巻した人。

スタンダードナンバーも艶っぽく歌いこなして、人気もありました。


この曲はジャズというよりは、当時流行のシティロック風のフュージョンボーカル。

この頃活躍していた「マリーン」もこんなイメージで歌ってましたね。

三田工業のCMにも使われていました。





TOTO風のアレンジがかっこよくて、サビの「♪ナイライ〜」が耳に残ります。

この「ナイトライン」を収録していたアルバムは結構いい曲が目白押しで、

カーステでよく聴いていたのを思い出します。

CD持っていないので、アマゾンで買おうかな〜。





posted by ベストン at 08:35| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

とらぶるさむ



ちょっとな・・・。

生きてりゃ、こういう気分のときもあるよな。

ブログもめんどくさいな〜。



posted by ベストン at 15:14| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

想起曲1

80年代初期の頃のジャパニーズポップスが続いておりますが、

今回はナツメロというほどの思い入れもなく、ただ単に、

「あ〜そういえば、こんなアーティスト、曲があったな〜」と、

ワタシが思い出した曲を「想起曲」と題しまして、ご紹介します。

と、申しましてもワタシの脳髄は、これまた偏った記憶媒体ですので、

またマニアックなB級ならぬ、C級となる路線になるかもしれません。

ですので、全くご興味のない場合は、ほどなくスルーされて下さい。


と前置きしたところで、思い出したのはこれ。




はい、さて問題です。誰が歌ってるでしょうか?

ヒントはモモエのダンナです。

・・・もうお分かりですか。そうです、三浦友和。

1982年にアガペハウスなるバンドを結成してデビューしてたんですね。

三浦友和さんは役者よりシンガーとしてデビューしたかったようですね。

まあ、歌い方が固いというか、ちょっとな、ロックじゃないよな。

やっぱり奥さんの百恵さんのほうが歌は上手い。


ワタシ、なぜかこのバンドのアルバム持ってたんです。

なので記憶の片隅にこの曲はへばりついていて、思い出したんです。

なんでこのバンドのアルバム持ってたんだろう・・・。

作曲が「来生たかお」だからかな?

この頃はよく「来生たかお」を聴いていたから・・・。



posted by ベストン at 08:16| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

ひとりよがりのナツメロ4



昨日の記事「訊曲パート2」の2曲目、なぞの女性ボーカルがこの人でした。

大滝裕子というアイドルだったんですね、・・・B面なので分かるわけないし。

このシングルの歌詞画像があったので、判明しました。

「訊曲探偵団」のたっちゃん、ご足労かけましてすいません。

ootaki_isei_ura.jpg


で、このシングルA面「異性」という曲も同じテープに入ってたんです。

名曲です。なつかしい〜。昭和56年のヤクルトジョアのCMソングでした。

作曲は尾崎亜美だと思ってたんですけど、筒美京平だったんですね。

編曲はあの工藤静香の作曲で有名なベーシスト後藤次利。

YouTubeになかったので、アップしときました。

しかし・・・、ホントにひとりよがりだよな〜、このナツメロ。

参考:大滝裕子の曲で
「あなた好き好き〜」で始まる曲をご存知の方、教えてください。





この「大滝裕子」のCD、ものすごいプレミアがついてるんだな〜。

アマゾンで調べたらなんと、1万円!





posted by ベストン at 14:20| Comment(3) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ウグイス・ライブ



知る人ぞ知る80年代、日本の幻の女性ボーカルロックバンド、

UGUISS(ウグイス)」のライブ録音テープです。

この頃、女性ボーカルのロックバンドが流行り始めた頃で、

レベッカとかプリンセスプリンセスとかも、この後にデビューしてます。

このウグイスは、ちょっと時代を先取りしすぎたせいか、

全く売れずに解散してしまいました。


このマニアックなウグイスなるバンド、どうして知ってるかというと、

当時のワタシ、女性ボーカルのバンドをやってまして、

この手のバンドをよく物色してたんです。

でもって、たまたまレコード店で見つけまして、

聴いてみたら「これはいい」ということで、

バンドでコピーしまくっていた、という経緯なんです。


この音源はバンド仲間がライブを見に行ったときに、こっそり録音してきたもの。

それをダビングしていただいた、「カセットテープ」が元です。

なので、音質は良くないのであしからず。

このウグイス、現在ではレコードもCDもプレミアものですので、

このライブ録音はかなり、お宝物かもしれませ〜ん!・・・と、

興味のある人だけですけど。マニアッ〜ク!!


CDアルバムも1stと幻の2st、二つ持ってますので、

また時間があればアップして紹介します。


posted by ベストン at 19:51| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

ひとりよがりのナツメロ3

ナツメロシリーズ第三弾、洋楽編。

この曲はメジャーなので、ひとりよがりでもないかな。



久しぶりに聴きましたが名曲ですね、大ヒットしました。

高校の頃かな。確か、バンドでコピーもしてました。

ビリージョエルのピアノ、指一本弾きがいいっすね。

ワタシもパソコンキーボードの文字入力は指一本。


右斜め下 実はこの曲よりもビリージョエルは次の曲がお気に入り。



邦題「ロスアンジェ ルス紀行」、懐かしい〜。

持っていたLPレコードアルバムに収録されていて、よく聴いていました。

しかし、あらためて思うけどビリージョエルって歌うまいな。

・・・でも、歌ってる顔はなんかシルベスタ・スタローンに似てない?

「エイドリア〜ン!」って叫びそうな・・・。

posted by ベストン at 08:54| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

ものまねビートルズ

さらにしつこくビートルズものですが、

ビートルズのものまねといえば、やっぱりコレは外せない。



このスターズオン45は当時、カーステで何度も聴いていたので、曲順も覚えてしまいました。

本物のビートルズの曲を聴いている時も、このメドレーが頭にこびりついているので、

次の曲を連想して口ずさんでしまいます。

よ〜く集中して厳密に聴いてみると、やっぱり本物とは違うんですけど、

それでもよく似させているし、ここまでよく編集したな〜と感心します。


他にもABBAとか、スティービーワンダーとか、60〜70年代のものまねメドレーもあります。

スティービーワンダーはなかなか似てますよ〜。

Stars On 45 Presents : Stevie Wonder


STARSON45.jpg


あともうひとつ、似たような企画もので「ユーロビートルNo.1」てなやつがあります。

スターズ・オン45の二番煎じみたいなものですが、日本人が演奏してます。

ユーロビートル.jpg

やはりスターズオンのまね、『ものまねのものまね」ということで、いまいちかな。

演奏もいまひとつだしあまり似てないし、ノリも感じられない。

とりあえず参考という事で、FLASHで聴けるようにしときました。

昔に作ったオープンリール画像で音楽再生です。

右斜め下画像クリックで再生、再生中にクリックすると高速逆回しでストップします。

   



 
posted by ベストン at 10:56| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

僕はビートルズ

さらにビートルズものですが。

モーニング」で連載中の「僕はビートルズ」というコミック。

beatles_obi_1.jpg

それはビートルズへの裏切り──
2010年から1961年にタイムスリップしたビートルズのコピーバンド。
自分たちのきた時代がビートルズのデビュー前年だと知ったメンバーは、
ビートルズになり代わることを決意する。
“もし、僕がビートルズより先に『イエスタデイ』を発表したら、
僕はビートルズになれるかもしれない”


簡単にあらすじをいうと・・・、

現代でビートルズの完璧コピーバンドとして活動していたメンバーが、

なぜかビートルズがデビューする寸前の昭和36年にタイムスリップ。

そしてビートルズの曲を自分たちの曲と偽り、デビューしてしまうという、

んでもって、その罪悪感とか、まあ、いろいろ葛藤があるわけです。


このマンガ、喫茶店でたまたま「モーニング」を読んでいて、

途中からだったんですが、なかなか面白そうだったので、

文庫本6巻まで全部、一気に読んでしまいました。


結構、面白いと思ったんですけど・・・、

でも巷のビートルズ信者には、あまり良い目で見られてないみたい。

「僕はビートルズ」に失笑

賛否両論あるとは思いますが、激怒するほどでも・・・。

私の場合はビートルズは好きだし、それなりに聴いて影響も受けたけど、

信者とかマニアのようにビートルズを崇拝してないからなあ〜。

SFタイムトラベルものは元々好きだし、

ただ単にマンガとして読んで楽しめればいいと思いますけど。


しかしこのマンガ、結末はどうなるんだろう。

尻すぼみでつまらないオチだったら、またブーイングになりそうだな。

いろんな意味で連載を楽しみにしてます。


で、このコミック文庫本の帯に、とあるバンドが紹介されてたんですけど、

BOWDIES1.jpg

THE BAWDIES」とやら・・・、知らんなぁ。

ということで、動画を探して見てみた。



こ、これは・・・、聴いてビックリ玉手箱!

思わず目が点・・・。久しぶりにトリハダ。

まさに王道のロックンロールサウンドではないですか。

この日本人離れしたノリ、シャウト!、いやはや、マイッタ。

ビートルズに近いスピリッツを感じるぞ〜。

オジサン、ナツメロばかり聴いていて、

昨今の日本のロックシーンに疎くて、マジで時代に乗り遅れてました。

これはアルバム全曲聴いてみたいな〜、よし、借りてこよっと。(レンタルかよ)


  

   





posted by ベストン at 17:54| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

ハリスンorハリソン?

音楽ネタはビートルズ続きになっとりますが、

George Harrison」って、ず〜と「ハリソン」だと思ってました。

「ハリスン」なのか「ハリソン」なのか、・・・?

「ジョージ・ハリスン」というほうが多いみたいだけど、

・・・ま、どうでもいいか。

ジョージ・ハリスンの曲はどこか素朴で好きです。



映画『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』
プレミア上映が華々しく開催


ジョージの伝記的な映画が製作されて、公開されるようです。

日本では、11月19日(土)〜12月2日(金)の期間限定公開が決定とのこと。

公開中の11月29日は、ジョージの10回目となる命日。

・・・そうか〜、もう10年になるんだな。

確か、亡くなった日に友人のやってるBarでビートルズを聴きながら、

ジョージ・ハリスンを偲んでバーボンを飲んだ覚えがあります。


ビートルズといえば、確か、ロンドン五輪で再結成のウワサがあるとか。

ザ・ビートルズ、2012年ロンドン五輪で再結成!?
ポール&リンゴにジョン&ジョージの子どもを加えた新生ザ・ビートルズか


どうやら亡くなったジョン・レノン、ジョージ・ハリスンの代わりに、

その息子たちが参加してビートルズを復活させるとか?

・・・これはマユツバっぽい?、難しそう。

ジョン・レノンの息子といえば、ジュリアン・レノンとかいうのがいましたね。

ジョージの息子?・・・いるのかな?

と、探してみたら動画がありました。



ダーニ・ハリスンという名前で音楽活動してるみたい。

ポール・マッカートニーとも交流があるようで、

「ダーニと一緒にステージにいると、僕たち皆が年を取って、
ジョージだけが昔のままここにいるように思える。」


と語ったらしい。・・・確かに、オトウチャンに似てますね。

これは、ひょっとしたらロンドン五輪でビートルズ再結成もあるのかも?



posted by ベストン at 11:04| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

和製ビートルズ補足



とし太郎&リバーサイド」のビートルズカヴァー「ゲット・バック」です。

1979年の作品。

このバンド、唯一のヒット曲といえば「君の胸はスーパースター」。

1980年のサクラカラーのCMソングでしたね。

いいバンドだと思ったんですけど・・・、消えてしまいました。

オマケでアルバム「ワンダーランド」から「タイムリミット」。

右斜め上この曲に関して、とし太郎さん本人のコメントによると、

正に初期のビートルズって感じ。
好きだな−こういうの・・・。
手拍子をみんなでやっ てる・・・今はこういうのないよね、
みんなサンプリングでやっちゃうから。
某テレビ番組でサザンオールスターズと御一緒した時、
桑田君から『ビートルズ好きで しょう』と言われた覚えがあります。
リバーサイドはそのくらいビートルズぽかったの です。


■“Toshitaro” OFFICIAL HOME PAGE

やっぱりビートルマニアだったようですね。


posted by ベストン at 14:34| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

和製ビートルズ

前回に引き続きましてビートルズモノ(?)でいきましょう。

1960〜70年代の頃、ビートルズの影響を受けて活動を始めた、

そんな日本のバンドは数知れず、です。

日本の確たるミュージシャンに多大な影響を与えたビートルズ。

古くはタイガースとかグループサウンズの流行もそうだし、

特に初期の頃のポップなロックンロールは当時の歌謡曲にマッチして、

ビートルズに似たような曲調のバンドがたくさんデビューしたようです。


そんな中で、自ら「和製ビートルズ」として活動を始めたのがこのバンド、

チューリップ」です。

うん?、イメージとしては「サボテンの花」のような、フォーク系の感じ?

そうなんですよね、でも、自称してるようにそれらしい曲も演奏してました。



出だしなんか、モロにビートルズのまねだし、・・・でもなんかフュージョンぽい。

あの「ゲットバック」もコピーしてます。ビートルズについて語ったりもしてます。



・・・ちょっと、財津さんのボーカルは変な節回しでややキモいかも。

演奏はさすがに、なかなかです。

「ゲットバック」のカヴァーは「とし太郎&リバーサイド」がカッコいいんだけどな。

え?・・・知らない?・・・マイナーだよな。YouTubeにもないし・・・。

今度、アップしとこうっと。


ついでに懐かしの「チューリップ」の曲など。



ひゃあ〜、懐かし〜!(ひとりよがりのナツメロ?)

コピーしてましたな〜、お笑いバンドでしたけど。だはは〜。

懐かしすぎて、泣き笑い状態になってしまうので、このへんで。


<オマケ>

TULIP  僕はライオン 1978

TULIP  私のアイドル  1979

TULIP  夢中さ君に  1978

いやはや、チューリップってアイドルだったんですね。

そうだよな〜、マミちゃんの影響で聴きだした記憶もあるし・・・。

と、ひとりごと。



posted by ベストン at 09:09| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ひとりよがりのナツメロ2

人によっては全く興味がないメロディでも、
その人にとってはなぜか懐かしく、一頃が走馬灯のように巡りだす。
そんなメロディを誰もが心の片隅に持っているもの・・・。
題して「ひとりよがりのナツメロ」・・・by BESTONE。




杏里のデビューアルバム「apricot jam」の収録曲「ラプソディ」。

受験の頃によく聴いてたな〜、「オリビアを聴きながら」とか。

徹夜して、このアルバム流しながら勉強してたような・・・。

この曲はドラムのトントコトントコいう感じが好きだったな。

この頃はバンドでドラムやってたし。サザンとかツイストもコピーしてた。


杏里は「CAT'S EYE」でブレイクして、シティ派ボーカルのイメージがある。

でも、この頃のような素朴でちょっとカントリー風の方が好きだな。

杏里はほぼ同世代だし・・・、ん?

この「ひとりよがりのナツメロ」を記事にすると、ベストンの歳がバレるな〜。

・・・と、ひとりよがりのナツメロ、その二でした。

・・・まだ続くのかよ。







posted by ベストン at 09:09| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ひとりよがりのナツメロ1

人によっては全く興味がないメロディでも、
その人にとってはなぜか懐かしく、一頃が走馬灯のように巡りだす。
そんなメロディを誰もが心の片隅に持っているもの・・・。
題して「ひとりよがりのナツメロ」・・・by BESTONE。



な〜んて、題してみましたが、

ナツメロなんていうものは個人的な思い入れがすべてだと思います。

一般的な世間で言う「ナツメロ」は過去のメジャー曲、ヒットした曲。

でも世代によっても懐かしいと思う曲は違うし、ジャンルも様々。

歌謡曲、ポップス、ロック、演歌、アニメソング、ジャズやクラシックかもしれない。

若い日、10代〜20代ぐらいの感受性の強いときに聴いた曲が特に心象に残り、

時を経てその曲を聴くと、個人的にフラッシュバックして懐古の情に・・・。

それがマイナーで、ほとんどの人が聴いたことがない曲でも、

その人にとってはその時代のヒット曲にも優る様な、特別な曲となるんです。


と、前置きしておいて・・・、

なので、このブログで紹介するナツメロはひとりよがりです。

BESTONEが個人的に懐かしむ曲でございますので、その点ご了承ください。




あ〜懐かし〜、この曲。この頃は八神純子をよく聴いてたな〜。

これはシングルレコード「さよならの言葉」のB面の曲。

ファーストアルバム「思い出は美しすぎて」には入ってなかったので、

CD化されてからは聴けなくなってたんだった〜。

YouTube動画を探したら見つけたので、ちと感動。

いやぁ〜懐かし〜な〜、八神純子はこの頃、コッキーポップの時代が一番いいな。

「パープルタウン」あたりからは欧米かぶれになってしまっていまいち。

ま〜、ダンナもイギリス人なんで、しょうがないかって、欧米かっ!(古)


この八神純子、来年、15年ぶりのアルバム「VREATH(ブレス)」が出るそうな。

八神純子 10年ぶり日本公演!震災支援も続ける

コッキーポップ時代みたいにバックバンドは「メルティングポット」で、

ライブ活動やってアルバム出してくれんかな〜。


・・・と、ひとりよがりのナツメロ、その一でした。

・・・続くのかよ。


posted by ベストン at 09:57| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

反抗期



テレビ東京系列放送の「ピラメキーノ」は子供たちのお気に入り番組。

最近、番組内で嘉門達夫の「アホがみるブタのケツ」を流しています。

これに息子たちがハマりだしたので、YouTube動画で探して観たりしてます。

昔は嘉門達夫の曲はそれほど興味もなかったけれど、

あらためて聴いてみるとこれがなかなか笑えます。子供目線のギャグがいい。

この「反抗期U」もアホらしくてどうでもいいような小さな反抗が笑えます。


ところで、反抗期というものは子供の成長の過程で必ずあるといわれてますが、

親というものは「子供は反抗期がなく素直に育ってほしい」と願いがち。

でも、従順で大人にとって都合の良い子供というのはどうなんでしょう?

はたして成長して将来、社会に出たときに変な影響とかないのでしょうか。

反抗期の無かった子供達とはどうなるのか教えて下さい


物事を判断して、意にそぐわない事に意見することは必要かと思います。

日本人は得てして馴れ合い主義。

なあなあでごまかして、気がついたらとんでもないことになっていた・・・、

最近の時勢を見ると「反抗期」も必要かと思えてしまいます。


posted by ベストン at 08:54| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

続ストライパー

またストライパーですけど。

これは今年にリリースされたみたいな、アルバム「The Covering」より、

伝説の名曲、ディープパープルのハイウェイスターのカヴァー。



ロックバンドに限らずですけど、オリジナルアルバムで十分なセールスが見込めず、

落ち目になってくると、カヴァーアルバム、トリビュートアルバムに走ったりする。

レコード会社の意向もあると思うけど、ある程度、売れる見込みがあるんでしょうね。

ただ、プロのロックバンドとしては、ちょっと虚しいような気にもなりそうな・・・。


このストライパーのカヴァー、なかなか原曲に忠実、それでいてオリジナリティもある。

上手いです。単なる「商業ロックバンド」ではなく、実力派でもあったんですね。

ディープパープルの曲をコピーしたりカヴァーするバンドはたくさんいるけど、

あまりに有名なので、なかなかカッコよく原曲を超えることは難しいです。


オマケで超絶技巧派プログレメタルバンドの代表格、ドリームシアターのカヴァー。

Dream Theater - Highway Star (2006 Live In Seoul)

グッド(上向き矢印)ここまでやると上手過ぎて、オリジナル越えでリッチーブラックモアも真っ青?

バリバリの重厚ヘヴィメタルアレンジです。


・・・ところで、ディープパープルってハードロックですよね。

ヘヴィメタルじゃあないですよね。ヘビメタっていつから誰から言われだしたのかな?


さらにオマケで、こんなのがありました。「紫の炎」のコピー。



なんなんですか〜、このムスメ〜!

娘なのか、なんなのかわかりませんが上手すぎ。若干、リズムはあまいけど。


バーンのカヴァーはこちらが気に入りました。バッド(下向き矢印)

Burn (Deep Purple)-TM Stevens, Corey Glover,Van Romain.wmv

ちょっとソウルっぽさも入っていい感じ〜。


 


posted by ベストン at 11:01| Comment(2) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

ストライパー

ちょっと元気になるような曲が聴きたくなったので。



ストライパー(Stryper)」は「LAメタル」バンド、いわゆる「商業ロック」。

キャッチーでメロディアスなサウンドでビジュアル系だし、売れ線バリバリです。

80年代後半にヒットして、売れてたんです。それにしても・・・、

なんか聴いたことがあるような・・・、日本人の耳にもなじみ易いような・・・。

次の「CALLING ON YOU」を聴くとさらにグッとなじみ易いサウンド!?



いい曲ですね〜、好きなんですけどね、この曲調。

でも、なんか聴いたことがあるような曲の雰囲気というか、出だし?

あ、そうか。これかな?・・・



なんか似てません?

「ZARD」は90年代だから、う〜ん、「ストライパー」をご参考にしたのかな。

ということは、「WANDS」とか「T-BOLAN」とかも、似てなくもない。

しかし懐かしいな〜。思わず歌っちゃいました、「♪もっと強く君を抱きしめたなら〜」!わーい(嬉しい顔)





posted by ベストン at 13:23| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

時は流れて



・・・、なんとも喪失感。





ああ、青春だったな、この時代。・・・合掌です。


柳ジョージ





posted by ベストン at 15:00| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

PLAYING FOR CHANGE

Higher Ground | Playing For Change from Playing For Change on Vimeo.



大和証券のCMでも話題になった「PLAYING FOR CHANGE」。

世界中のミュージシャンがひとつの楽曲を歌い、奏で、つないでゆく音楽プロジェクト。

「Stand by Me」や「One Love」といった名曲のカヴァーが有名だけど、

これはスティービーワンダーの曲「Higher Ground」。

ブルースロックアレンジのイカした演奏です。


世界的に政治、経済、自然災害も重なって混沌としてきています。

この演奏のようにわだかまりのない、ひとつの心で世界がつながってほしいものです。


Playing For Change Connecting The World Through Music

YouTube「PLAYING FOR CHANGE」公式チャンネル




posted by ベストン at 09:04| Comment(0) | 音楽動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。