2013年04月29日

昭和歌謡その5



これが最後の日本のグループサウンズと言われている「PYG」、ピッグです。

人気GSグループのタイガース、テンプター-ズ、スパイダースから、

それぞれ2人づつ参加して組まれたバンドで、沢田研二と萩原健一という、

ビッグなボーカリストが2トップで加入して話題になったバンドです。

が、しかし企画倒れだったのか、キャラガ強すぎたのか売れませんでしたね。

楽曲も売れ線の歌謡曲路線というより、ちょっとマニアックなサウンドだったので、

一部のファンの間でしか受け入れられなかったのかもしれません。

曲風はこの後のドラマ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」のBGMで活躍する、

井上堯之バンドを髣髴させる渋いサウンドで、かっこいいです。

今、あらためて聴くと、なんとも独特の味があって昭和の路地裏風景が浮かびそう。


 
 
posted by ベストン at 00:00| Comment(0) | お気に入り音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。